川平湾及び於茂登岳 かびらわんおよびおもとだけ

川平湾及び於茂登岳 かびらわんおよびおもとだけ

名勝 沖縄

 
沖縄県
石垣市
指定年月日:19970911
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

H09-07-048[[川平湾]かびらわん]及び[[於茂登岳]おもとだけ].txt: 川平湾は、石垣島西北岸の内陸に入り込んだ湾で、珊瑚礁の切れ目である狭い水路(バリ)により東シナ海に通じている。水面の奥行は約2.5キロメートル、湾内水面の最大幅は約1.2キロメートルを測り、全体の水面の面積は約174.2ヘクタールである。湾の入り口には東西約0.5キロメートル、南北約1.1キロメートルの小島が横たわり、その西北に真謝離やサイ離をはじめとする9つの隆起珊瑚礁の岩島が散在する。真謝離の名は真謝という人物が沖縄本島からこの島に流刑された伝承にちなむもので、サイ離は白い鷲が群をなして休むことから名付けられた。クバ離は群生するクバ(ビロウ)に、マヤ離はこの島に捨てられた鶏を殺す悪い猫(マヤ)に、そしてキダ離は群生する黒壇(キダ木)に、それぞれ命名の由来がある。それ以外に一本岩、チャバンチィキ離、婿離、嫁離がある。とりわけ婿離と嫁離の名は、湾を挟んで川平村と対岸の仲筋村に住んでいた若い男女が、悲恋に苦しんだ末についに岩島に化身したという伝説に仮託したものである。
 湾内は外海からの影響が小さく、波が静かであることから、石垣港から琉球王府へ貢納物を運ぶマーラン船が、風待ちのために一時的に待避する基地としても使われた。湾岸には航海の安全を祈願する拝所として「浜崎御嶽」や「観音堂」が残っており、今も多くの人びとの信仰の場となっている。また、湾の西北岸は布晒浜と呼ばれ、王府への貢納布として島の婦女子に課された「八重山上布」を晒す場所であった。紺碧に輝く湾の水面と亜熱帯樹林に覆われた隆起珊瑚…

作品所在地の地図

関連リンク

川平湾及び於茂登岳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

+連想検索
竹富町竹富島(島の農村集落 沖縄)
先島諸島火番盛
郷屋敷(旧井上家住宅)取合廊下
慶佐次湾のヒルギ林
男女群島
ページトップへ