六十余州名所図会伊予西條 ろくじゅうよしゅうめいしょずえいよさいじょう

木版画 / 江戸 / 愛媛県 

歌川広重
うたがわひろしげ
江戸時代後期/安政元(1855)年
錦絵
1枚
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

画面中央に四国最高峰の石鎚山を置き、その麓には西条藩松平氏3万石の陣屋町西条、右手前に白帆をまきあげた廻船を配している。本資料は淵上旭江の『山水奇観』より図柄を借用しているが、近景に廻船の帆を大きく描き込むなど、広重の工夫の跡が見える。画面上では城郭が描かれているが、実際には西条藩では城郭は作られず陣屋であった。

作品所在地の地図

関連リンク

六十余州名所図会伊予西條チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
竹図〈西条藩松平家伝来〉
金梨地葵紋花生蒔絵硯箱
金梨地葵紋花生蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

西条藩旗印画帖
ページトップへ