東海道箱根 三枚橋勝景 とうかいどうはこね さんまいばししょうけい

版画 / 江戸 / 神奈川県 

五雲亭貞秀
文久3年/1863
紙,木版多色刷
縦36.4cm 横74.1cm
3枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

湯本の手前にある三枚橋は、箱根八里の中でも急な坂道が続く「東坂」の始点とも言える場所であり、また箱根七湯をつなぐ七湯道との分岐点でもありました。この浮世絵は幕末の将軍徳川家茂の上洛に因んで描かれたもので、その様子が遠く畑宿から湯本を通り三枚橋まで続く、長大な大名行列として表現されています。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道箱根 三枚橋勝景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絵葉書「箱根名所 三枚橋」
絵葉書「箱根道三枚橋」
絵葉書「[国立公園箱根名勝] 箱根入口早川に架る三枚橋」
絵葉書「(箱根名所)風雲常に動きて一日の景観屢々変る芦の湯全景」
絵葉書「箱根 塔の澤 一の湯」
ページトップへ